風車・鉄塔点検

風車・鉄塔点検

社会インフラ施設には、橋梁をはじめとする大型の鋼製構造物が数多くあります。その中でも、風車や鉄塔は地上数十メートルの高さがあり、簡単に建て替えることはできません。点検と補修による長寿命化が必要です。
風車や鉄塔では、車両系建設機械でも届かない高さを点検しなければならず、これまでは点検者が風車や鉄塔に昇塔し、目視で錆や破損をチェックしてきました。しかし、地上と違う過酷な環境では作業効率が悪く、新しい担い手も十分ではありません。
数多く建設されてきた風車を全て点検するため、ドローンによる生産性の向上が求められています。

特徴・メリット

高所作業を大幅に軽減

点検者が宙乗りで風車のブレードや高圧線を点検する様子は、第三者がみても足がすくむ光景です。
ドローンで点検することにより、危険な高所作業を省略することができます。

錆や破損を見逃さない

ドローンはフライトプランに準じて航行するため、前回の画像と比較することで、経年劣化を把握することができます。
さらに、人力では到達できない場所を撮影することも可能です。

人工知能AIによる診断

撮影した写真は、人工知能AIで異常点を抽出します。学習データが蓄積されるほど、診断の精度が飛躍的に向上します。
点検者の熟練度よりも早く、経験を糧にAIが進化していきます。

風車・鉄塔点検についてのお問い合わせ